期間工の魅力と仕事のキツさについて徹底解説します。

期間工とは、自動車工場や電子部品製造工場で働く、メーカーに直接雇用された契約社員のことをいいます。
ときに「期間工」「期間契約社員」と呼ばれることもあります。
期間工は、部品の組み立てなど流れ作業が中心なので、未経験者でもすぐに働けるのが特徴です。
また契約期間終了時にはなんとボーナスが支給されるので、短期間でたくさん稼ぐことが可能。
また多くのメーカーは寮(住み込み宿舎)を完備しているところが多いので、日本全国どこからでも出勤することが可能です。
寮の特徴としては、メーカーによっては寮費や光熱費が無料になるところもあるので、無駄な出費をせずに節約することができます。
思う存分貯金しちゃってください!
期間工の仕事は、原則として一日中立ちっぱなしで、作業場を移動したり、重い荷物を持ったりと、肉体的にきつい仕事です。
そのため、疲労度は半端ではなく、人によっては腰痛や筋肉痛に悩まされることもあります。
ドリルなどの工具を扱う部署に配属された場合は、不注意によるケガを防止するための対策が必要になることもあります。

特に夏場は冷房が効いている現場が多いですが、冷房が効いていても作業中は暑さを感じるので、熱中症や脱水症状のリスクも覚悟しておく必要があります。
もちろん、定期的に休憩を取ればいいのですが、期間工の仕事はそれなりに体調管理が必要です。

体力の消耗を抑えるためにも、日頃から体調に気を配り、体力をカバーすることが必要です。
入浴時にストレッチやマッサージをしたり、整骨院で定期的に施術を受けたりして、体への負担を減らすようにしましょう。
また、手首や足首、腰など負担がかかりやすい部分は、テーピングやサポーターで固定するのもよいでしょう。
稼げる期間工の詳細はコチラのページで紹介しているので是非ご覧ください!
稼げる仕事探し