冬から秋にかけて肌の乾燥に悩んだ私が実践したスキンケア方法

私が悩んでいたのは冬から秋にかけて肌の乾燥です。特にほうれい線の周りの乾燥が気になりました。白い粉を吹いている状態で、かゆみがあり、掻くと白い塊となってはがれ、ほうれい線の周りが赤くなり、痛みがありました。
私が実践したスキンケア方法は保湿をしっかりすることです。今までは、朝と夜に化粧水を塗った後に乳液を塗るだけでした。そこに最後に保湿クリームを塗ることを加えました。ポイントは、乾燥が特に気になるほうれい線の周りに化粧水、乳液と保湿クリームを浸透させることです。
私が保湿をしっかりして最後に保湿クリームを塗ることを実践してどうだったかというと肌の乾燥が改善しました。特に気になっていたほうれい線の周りの乾燥が改善し、白く粉を吹かなくなり、かゆくなることもなくなりました。また、ほうれい線の周りが赤くなり、痛くなることもなくなりました。そして、肌もしっとりするようになりました。
冬から秋にかけて肌が乾燥しにくい人だけでなく、一年中肌の乾燥に悩んでいる人にもおすすめです。顔のテカリがあっても肌の乾燥が気になる人にもおすすめです。しかし、肌の乾燥がなく、顔のテカリが気になっている人にはおすすめできません。
当たり前のことかもしれませんが、続けることが大事です。私は、保湿をしっかりして最後に保湿クリームを塗ることを忘れてしなかったら、途端に肌の乾燥が再び表れ、ほうれい線の周りに白く粉が吹くようになり、かゆみも出るようになったので、めんどくさがらずに続けることが大事です。