サイト制作にプログラミングは不要!【WordPressを使うべき理由】

「サイトを作りたいからプログラミングを勉強する」という人がいます。
なるほど。たしかに殊勝な心掛けだと思います。応援したくなりますよね。
しかし、サイト制作にプログラミングは必要ありません!(正確には無くても良いなんですが)

そこで、今回はサイト作りにプログラミングがいかに不要かという話をしていきます。

サイト作りはWordPressで

初心者がWEBサイトを作るならWordPressが良いでしょう。

また、WebデザイナーであってもWordPressを使う人は多く居ます。

それは作業工程を大きく減らすことができるからです。コードを一から書くのはプログラミングに慣れた人であっても大変です。

そこで、WordPressなどのCMSを使い、データベースに記事や写真などを登録し管理することができれば、作業が大幅に減ります。

その分だけ別のことに時間を使うことができ、Webマーケティングのための施策を考える余裕が生まれるのです。

やっぱりプログラミングの知識はあった方がいい

ただ、やはりWebページ作りの基礎知識があったほうがよいと思います。
CSSが弄れるだけでサイトのカスタマイズがかなりはかどります。

ちなみに、私は『ゼロからのホームページ作成術』という本を読んで勉強しました。
この本は本当におすすめなので、ぜひ読んでみてください!

サイトを実際に作ってみて「こんなことがやってみたい」と思ったら勉強のチャンスです。

作りたいものというモチベーションがある分、普通に勉強するより成長率ははるかに高いと思います。

初心者はテーマ選びを慎重に

プログラミングができない人は、WordPressのテーマ選びをしっかりとするべきです。

その理由は、Webページのレイアウトを決める「テーマ」が重要な役割を担っているからです。そして、デザインのコーディングには(HTML・CSS・javascript)の3言語の知識が必要になります。

つまり、Webデザイナーとしての経験がない人が、自分で一からサイト作りをするのはハードルが高いのです。

そこで、WordPressのテーマを選ぶ際は、極力自分の理想のデザインが作れるテーマを選びましょう。

有料は外すと痛手になるので、まずは無料テーマからやってみるのがオススメです。

無料テーマを詳しく紹介している記事はたくさんあるので、参考にすると良いでしょう。

おすすめのWordPress公式テーマ4選【無料】

最後に

最後に今回は「プログラミングができなくてもWebサイトは作らなくてもいい」というテーマで語りました。

今すぐにでもブログを始めたいと思ったのならば、プログラミングは一旦置いておきましょう。

まずは作ってみること! どうせスキルは後から付いてくるのですから。